Search
Search Menu

-ボッテガ・ヴェネタの歴史は意外にも深い!-

ボッテガヴェネタと言えば女性用ブランドとして定着がありますが、実は男性用のアイテムも多数取り揃えています。

日本ではあまり馴染がなく、最近登場したブランドのようにも思われていますが、実はとても歴史のあるブランドなのです。

1966年、ボッテガ・ヴェネタは、ミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロが、イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァを本拠地として創設します。

ボッテガは常にトレンドを追いかけるだけのファッションブランドを作り上げるのではなく、そのライフスタイルに沿った機能美や、堅牢さ、最高級素材などなど、世界の最高峰を求めて発展し続けているブランドです。これまでにない常識を覆すような斬新さを取り入れることがボッテガの求める内容であり、またメンズ財布に取り入れられているセンスでもあります。

現在のボッテガヴェネタはファッションブランドですが、グッチを筆頭とするケリンググループの一企業であり、バッグ・財布などの特徴的な皮革製品を手がけるブランドなのです。

-ボッテガはグッチグループ゛あるという意外な事実-

グッチのグループであることも意外な話ではありますが、ボッテガ・ヴェネタトレードマークとも言うべき、革を編んだバッグの発案者とはどんな人物かご存知でしょうか?

ヴェネツィアのファッション店ロベルタ・ディ・カメリーノを1945年に創業したジュリアーナ・カメリーノは、ボッテガ・ヴェネタに先んじて、1957年に革を編んだバッグを導入しておりました。

ちなみに、1946年にバッグの柄に「R」の文字を象った格子模様を取り入れたことも、同様の趣向であるグッチの「G」に先んじています。

つまりグッチとボッテガには共通する点がこのマークからもかなり浮かび上がってくるのですね。

またボッテガにはイニシャルだけでブランドの魅力を伝えるという独自のこだわりがあります。それ故にボッテガの製作するメンズ財布には様々なデザインがありますが、どれもがイニシャルを表記してどことなくシンプルさを残した内容になっているのです。

こういった独自のこだわり、追及などが今日のボッテガを生み出し、男性ブランドとしての地位を確立するまでになっているのです。

メンズ財布でどれにしようかお悩みの方はぜひボッテガの製品を手に取ってその魅力をご自身で感じてしみてはいかがでしようか?

必ずご満足いただけることでしょう。

ジョリサック ロベルタピエリ:https://www.jolisac.com/brand/robertapieri