Menu

ダイヤモンド買取 メレダイヤ 色石 カラーダイヤとは

メレダイヤ、色石、カラーダイヤモンドなどいま買取して欲しいと思っている人たちもいらっしゃることでしょう。

メレダイヤ、色石、カラーダイヤモンドの買取

メレダイヤは小さなダイヤモンドという意味です。フランス語でmeleは小さいという意味合いです。0.03カラット以下、0.2カラット以下の小さいダイヤモンドに対してメレダイヤという言い方をします。

一般的にはダイヤモンドは粒がある程度大きいモノをイメージしてしまうかもしれませんが、メレダイヤとは、そのようなダイヤモンドのことではなく、 メインの石の周囲にアクセントとしてあしらうために使用されたりするもののことをいいます。

メレダイヤをパヴェセッティングで敷き詰めたりし、ジュエリー自体を華やかにするために存在しています

カラーダイヤモンドとは?

カラーダイヤモンドとは、ブルーにピンク、レッドやグリーンと言った色のあるダイヤモンドのことを言います。

一般的には、ダイヤモンドは、無職透明なものに対して、高い買取価格を期待することが出来ます。

カラーダイヤモンドは、色あいの違いによって、 「ブルーダイヤモンド」「ピンクダイヤモンド」と呼ばれることもあります。

しかし、「ブルーダイヤモンド」「ピンクダイヤモンド」と言ったダイヤモンドは、 発見される確率は、普通のダイヤモンドよりも低く、ある意味では、そのようなカラーダイヤモンドのほうが価値が存在しているのでという見方をしている人たちもいます。

ですから、カラーダイヤモンドでも、個体によっては、高い買取価格がつくことがあります。 カナリーイエローやグリーンも結構、最近では人気があり、需要が存在していると言っていいでしょう。

色石とは?

色石を買取して欲しいと思っている人たちもいるかもしれないですよね。色石とは、ルビーやサファイヤ、エメラルドにガーネットなど無色透明ではなく、かつダイヤモンド以外の宝石のことです。

買取価格が一番高いのは、やっぱりダイヤモンドと言っていいでしょう。ダイヤモンド市場は比較的基準がしっかりしているようですが、色石に対しては、 品質評価基準は明確に整っていないとも言えます。

しかし、そこにニーズが存在していないということではなく、宝石として古くから愛されて来た歴史もあります。

近年ではルビー、エメラルドなどの産出量が大幅に減少し、ダイヤモンドをも凌いでしまう稀少性のある色石もあります