Menu

ダイヤモンド買取価値が存在している本当の理由

ダイヤモンド買取して欲しいと思う人たちが多くいます。まさに、ダイヤモンドにこそ、大きな価値があるとみなさんが既に思って期待していることでしょう。

果たして、ダイヤモンドには、なんでそのような価値が存在しているのでしょうか。

ダイヤモンドの価値

ダイヤモンドの価値は、希少価値という意味もあるかもしれませんが、おおかた、価値がコントロールされていると言っていいでしょう。

多くの人たちは、ダイヤモンドは数が少ないから価値があるという考えをすんなり受けとめてもいるでしょう。決して間違いということではありませんが、ダイヤモンドは実際にはそれ程希少価値がそなわっているものではありません。

まだまだ、ダイヤモンドは採掘可能であり、逆に採掘技術が進歩すれば、ときとして値崩れも起こすはずですが、ダイヤモンドに対しては値崩れ自体もありません。

それは、値崩れを起こさないようにコントロールされていると考えることが妥当でしょう。

南アフリカのデビアス社

莫大な資本投下や採掘技術の進歩で大幅に増加してしまうことで、ダイヤモンドの価値自体、どんどん低下してしまうことも起こるでしょう。

ダイヤモンドの危機を救おうとしたのは、 南アフリカのデビアス社という企業です。ダイヤモンドの価値がどんどん低下していくのなら、価値は意図的に維持しなければならないと考えます。

そこで彼らは生産量に伴ってダイヤモンドが多く売れるように戦略を立案します。

ダイヤモンドはいろいろ存在している宝石の中でも一番買い価格が高いモノという一般的認識がありますが、そのような企業の存在がなければ、ダイヤモンドが一番という認識自体、私達の中に生まれなかったのかもしれません。

ダイヤモンドの価値を温存するため

ダイヤモンドの価値を温存するため、まず過剰なダイヤモンドの生産が起きないように生産調整を行う必要があります。

そのため、生産されたダイヤモンドを全部買い取ってしまい、 ここで販売することで、価格の乱れがおこらないようにコントロールします。

ただ単に、そのようなコントロールの調整だけでなく、「ダイヤモンドは永遠の輝き」というコピーも、ここで誕生することになります。

「ダイヤモンドは永遠の輝き」というコピーがそもそも存在しなければ、ダイヤモンドは美しいのかもしれませんが、他の宝石だって充分美しく、ダイヤモンドよりもこの宝石が美しいという人たちも当然多くいたことでしょう。